FC2ブログ
2006.10.02 *Mon

歴史*出産~育児「ミルク」

こももが退院して、あたしの実家での生活がスタートしてからのお話を。



病院で抱っこした時も感じましたが、本当に軽かったんですね。
周りの赤ちゃんと比べる事も、つい多くなってしまっていた気がします。

でも家でこももとの生活を始めて、やっとずっと一緒に居れる訳ですよ!!
慣れない事ばかりで大変ではあったけど、それよりも喜びの方が何倍も大きかったな。


「なるべく母乳をあげたい」
と思い、入院中もおっぱいマッサージを続けていましたが……
母乳の出はあまりよくは無かったですね。
病院の母乳相談にも行きました。
まず母乳を吸わせて、それからミルク。
何とか少しでも母乳を、と思って頑張っていました。

……が。

結局は5月に入る頃に、完全ミルクに移行しました。
母乳が思う様に出なかったんですね。
悩みましたが…今はミルクだって性能がイイんだ!と思い決断しました。
それでも、少しだったかもしれない母乳をこももにあげる事が出来て倖せでした。
おっぱいをあげられた喜び、ソレは消えないと思い今もミルクで育てています。

母乳の方がイイ事は事実だけど、ミルクで育ててるママだってちゃんとベビの事を考えてるんだから自信持っていいよね?
母乳は?と聞かれると少し辛くなりましたが、今は「ミルクなんですよ」と笑って言える様になりました。


そんなミルク育児。
こももは中々ミルクの量を飲めませんでした。
小さいから吸う力も弱いんですよね。
それでも何とか飲んでもらおうと、結構必死でした(苦笑)

60~80ml飲むのに、1時間かかった事もありました。
飲む力が安定するまではミルク(混合時代もそうだったけど)時間は1時間弱かかっていました。
あんまり長い事ミルクあげててもベビも疲れてしまうから、長くても30分…なんて話を聞きましたがそれだと全然量が飲めなくて。
止めると疲れてそのまま寝ちゃって、飲まないんですよ。

ミルクに関してはしばらく、悩みの種でした。
夜は辛い時もあったなぁ。



でも本当に育児がイヤ!と思った事はなかった。
きっと出発が、一緒に居れない時間が多かったからかな、と思います。
一緒に居れる事が本当に嬉しかった。


その嬉しさをちゃんと判る事が出来た……
そういう意味では、苦しくて悲しかった「離れ離れ」も大切な事をあたしに教えてくれたんだよね。

そう思える様になりました。
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

メイ

Author:メイ
メイ:1981年11月生まれ。
   こもも1歳の誕生日から仕事復帰。
   若干へタレの働くママ。
こもも:2006年3月28日誕生。
    女の子。ニックネーム。
    おてんばの甘えんぼ。
ダー:1歳年下の旦那さん。
親子3人、関東在住!

現在、更新はしておりません。



いくつになったの







メルフォ

名前:
メール:
件名:
本文:



カウンター



Copyright © -DiamondDays- All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・