FC2ブログ
2006.09.24 *Sun

歴史*妊娠~出産 「決意と亀裂」

まずは最近の事より、こももを妊娠した頃のお話を。

……とは言え、色々と波乱ばかりの妊娠生活だったので、読んで嫌な気分になる方もいらっしゃるかもしれません。
読んでも平気!という方のみ続きをどうぞ。


あたしは当時社会人で毎日毎日仕事に追われる生活をしてました。
病院で看護師をしていたので、日勤夜勤とそりゃあ毎日目まぐるしく働いていました。

そんな中、来るべきモノが来ない。

先月も遅かったしな……と思いつつも、何故か引っかかり不安を覚えていました。
その頃、あたしには付き合ってもうじき3年になるという彼氏(現ダンナさん)が居ました。
勿論思い当たる相手は彼だけなので、相談。
そして妊娠反応検査薬を薬局でコソコソ買いに行き、実行。
結果。


陽性。


その時は妊娠した喜びよりも、血の気が引くのが先でした。
嘘であって欲しいとすら思いました。

もし産むとすれば「出来ちゃった婚」になる。
自分もソレを望んではいなかったし、何よりお母さんになんて言ったら……。
自分と相手の行動の軽率さに後悔しか出てきませんでした。

産む為にどうするのか、ではなく「産む」のか「産まない」のか…。

あたしは元々子どもが好きで、看護師になっていなかったら、子どもに関わる仕事がしたいと思っていたくらい、子どもが好きでした。
その自分がこんな事を思ってしまうなんて。
自分を責め、相手を責め。


彼氏とも話し合いました。
そうして出した答。

「産みたい」


問題は山積みでした。
お互い働いてはいたものの、結婚・出産準備的な貯金をしていた訳でもなく。
一番はあたしの母との事でした。
状況はただでさえ厳しいのに、つわりも重なり体調も悪い。
気持ちも鬱々している。

……母との関係は悪くなる一方でした。

多分あと一歩歩み寄れなければ、あたしはもう実家に足を踏み入れる事は出来なかったと思います。
今ならもっとこうすれば良かった、と判るのにね。
あの時は自分の事しか考えられませんでした。
何より、母との関係修復があたしの望みでした。

そんな中、新居に引越しして同棲開始したのが12月。
婚姻届を提出したのが2月の頭でした。
あたしも女なので、結婚式やハネムーンに期待や興味が無かった訳ではないですが(むしろアリアリだった)周りの状況を考えればソレが出来る訳も無く。


妊娠中のあたしは、お腹の中のチビちゃんが無事に産まれ、母との関係が少しでも修復される事を祈る日々でした。
悪化していくあたしと母の関係を繋ぎ止めてくれたのは、お姉ちゃん。
今まで仲の悪い時期もあったけど、それを乗り越え、お互い死にそうにツライ時に支えあったかけがえのない姉です。
彼女が居てくれなかったら……と思うと、頭が上がりません。
本当にありがとう。


今なら、お母さんの苦しい気持ちが少し判る。
母子家庭であたしと姉を育ててくれた母。
あたしには苦労せず「普通」の倖せを掴んで欲しいと思っていたんだ。

傷付けてばかりでごめんなさい。
本当にごめんなさい。
何度言っても足りないくらい。
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

メイ

Author:メイ
メイ:1981年11月生まれ。
   こもも1歳の誕生日から仕事復帰。
   若干へタレの働くママ。
こもも:2006年3月28日誕生。
    女の子。ニックネーム。
    おてんばの甘えんぼ。
ダー:1歳年下の旦那さん。
親子3人、関東在住!

現在、更新はしておりません。



いくつになったの







メルフォ

名前:
メール:
件名:
本文:



カウンター



Copyright © -DiamondDays- All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・