--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2011.04.07 *Thu

できること。

長い事ブログを書きに来れなかったし、ここは育児ブログだから自分が思った事を、ただ書いていいのか正直よくわからなくて。
でも、日々色々思う事はあって。

しばらく更新もなかったブログなのでどれだけの人が目を通してくれているかもわからないし、読んで不快にさせたくはないし…と考えて、「どうだろう?」と悩んだ記事に関しては「追記」を使おうと思っています。
書かなければいいのかもしれないけど、今の自分の気持ちを残しておきたい。
何よりも自分が忘れない為に。
そして一人でも誰かに伝わる事が、ちっぽけでもあればとも思います。


地震や原発で、今問題になっている「買いだめ」に関して、今回は書いていきたいと思います。
読んで下さる方は追記からお願いします。
(色々考えているうちに、日が経ってしまいましたが……)



















今、テレビやネットで「買いだめ」が問題になっていますよね。
まずは「買いだめ」

まずは前提として私もこの状況での必要以上の買いだめはいけない事だと思っています。
でもテレビなどで専門家やコメンテーターが「買いだめ」をする人々を一蹴する場面があまりに多くて、違和感を感じた事がありました。
特に初めのうちです。

私が住んでいる所は関東です。
勿論被害が大きかった地域に比べれば、地震の揺れも恐怖も比べ物にならないと思います。
テレビでのあの映像、現実とは思えない様な現実。

きっと、多くの人が思ったでしょう。

自分に出来る事ってなんだろう。

それはきっと偽善ではなくて、心からの感情なんだと思う。

それと同時に、やはり私も子どもも地震は怖かった。
余震がある度に、これからどうなるんだろう、もしかしたらもっと大きい地震が来るのではないか、と身が固まりました。
それも本当の気持ち。

自分だけなら、何を食べても食べなくてもいい。
でも子どもには………
私は地震の起こった翌日、買い物に行きました。
勿論、旦那くんが仕事だったので自転車につめる程度の荷物しか買えませんでしたが。
(非常用の食糧や水の準備も少しは家にありましたし)

土曜日の時点で、スーパーでは商品がない・少ない棚がありましたしね。
普通に考えて、今までにスーパーに商品がない、っていう経験をした人がどれくらいいるでしょうか。
実は月曜日にも仕事の帰りに少しスーパーに寄ったのですが…
節電の為、照明は薄暗く。
商品棚には空きが多くて。

私は、とても怖く感じました。

きっとずっと商品が入ってこない、という事はないだろう。
それも心のどこかでは感じていました。
でも「どうなってしまうんだろう…」という恐怖や不安はとても感じました。

それから、我が家は…2週間近く買い物には行かず家にあるもので生活しました。
色々と頭を使えば意外と、ご飯は作れると思いました。
普段は忙しさを理由に甘えてるからね…
ちょっと品数が少なくても、ドンマイドンマイ。
そんな気持ちで、でも家族で食べれば何だっておいしく感じるものでした。

買い物に行かなかったのは、勿論無駄な買い物をしない為でもあるけれど。
あのガラガラで物がないスーパーが、怖くて行く気になれなかったのです。
話に聞くと、しばらくはオープン前からお客さんが並び…だったそうです。
普段仕事をしている私には、到底出来ないし…行った頃には目当てのものがない状態でしょうしね。
だったら行かない方が、心が平和だーと思ったのです。

今は、スーパーにもだいぶ品物が戻ってきています。
勿論「おひとり様、○点まで」という注意書きのある商品はまだ多いけど。
でも今までがあれもこれも買いすぎていたのかもしれないよな、とも思います。
意外と、ちゃんと生活出来るんです。
だからね。
やっぱり思いました。
買いだめ・買占め、不必要にはしてはいけない。

でも……

普段すぐに買い物に行けない人たち…共働きだったり、お年寄りだったり、赤ちゃんがいる家庭だったり、妊婦さんだったり、病気や身体の不自由な人だったり。
仕事柄色々な人を見ますが、やはりそういう人たちは余計に不安になります。
いつものスーパーじゃない、光景が目の前に広がって、それでもあせらない人はいないんじゃないかとも思います。
だからこそ、テレビや皆が情報を得る媒体の、情報を発信する側の人々がひとくくりに「買いだめをするな」としか言わないのが違和感に感じたのかもしれません。

皆、不安だったり驚いていただけ。

その不安に共感して、それでも、買占めはしないで大丈夫なんだよと伝えてくれる人が、初めのうちにもっと居てくれたら…と思いました。
皆、勿論まずは自分の家族を守らなきゃ…と思うけど、決してそれさえ良ければあとはなんでもいいやなんて思うばかりではないはずだから。
小さな力でも助け合いたいという気持ちをもっているはずだと思うから。


あれもこれもと買わないと、家にある食べ物を大切に食べられる。
今、数が少ないものも、少しずつ大事に食べればいい。


落ち着いたらきっと、皆が当たり前にしていることなんだ。
………私はそう、思います。
COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

Re:kazさん

お返事が遅くなってしまい本当にごめんなさい。
コメントはすぐに読ませてもらっていたのですが、中々お返事が書けなくて。
皆、守りたい人がいるだけ。
本当そうだと思います。
自分一人ならきっと買い占めなんてあの時の様には起こらない気がします(…と思いたい)
でも皆が始めて経験した事態だったから混乱が生じただけなんだ、自分一人が良ければそれでイイなんて人はきっとほとんど居ないんだ、って思います。
出来る事は小さな事。
だけどそれを長く長く続ける事が大切なんだと思います。
私の周りの人たちもあの出来事を機に、色々考え方が変わったという人が多かったです。
ブログもそう。
色々な周りの皆さんと共有しあって、感じあって、支え合っていけたらいいなと思います!
2011/07/19(火) 23:01:25 | URL | メイ #- [Edit
こんにちは^^お久しぶりです♪
震災後1ヶ月が過ぎたんですね・・
北海道ではそれほど影響は無かったのですが、
計画停電や電車の運休など、生活に影響がある所では
本当に大変だと思います。
直後はこちらでも買占めありましたよ。水や米、トイレットペーパーなどが
棚から消えていました。
新聞やローカルTV・ラジオなどの必死の呼びかけで、
すぐにみんな、「ここは大丈夫なんだ」と気づいたようで、
買い占めた電池を夕方返しに来た人もいるようです。

みんな不安なんですよね。
守らなければいけない人がいるから。
震災後、あの地震、津波が来たら、私は子供を守れるだろうか?と本気で考えました。
本当に今ある日常に感謝したい気持ちでいっぱいです。
出来ることは少ないですが、募金箱を見つけたら必ず入れています。
おかげで小銭がなくてお財布軽いの^^

また遊びにきますね♪
2011/04/11(月) 12:29:11 | URL | kaz #BYTNg32Q [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

メイ

Author:メイ
メイ:1981年11月生まれ。
   こもも1歳の誕生日から仕事復帰。
   若干へタレの働くママ。
こもも:2006年3月28日誕生。
    女の子。ニックネーム。
    おてんばの甘えんぼ。
ダー:1歳年下の旦那さん。
親子3人、関東在住!

現在、更新はしておりません。



いくつになったの







メルフォ

名前:
メール:
件名:
本文:



カウンター



Copyright © -DiamondDays- All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。